会社案内

挨拶

全てはお客様の為に

日本の中小製造業を取り巻く環境は不安定さを深めております。
大震災、グローバル化による空洞化と世界経済の停滞による円高で明日に夢を見出す事が困難な状況にあります。
当社は21世紀の初頭に創業し、お客様のお引き立てを頂き順調に成長して参りました事に深く感謝致しております。
「QCDプラスα」を基本に製造の原点を大切にする「ものづくり」を高め「量より質」に徹し、お客様のより高いご要望にお応えできる企業を目指して努力して参ります。
今後ともより一層のお引き立てを賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

代表取締役 北原 康弘

代表取締役
北原 康弘

経営理念

我社は多品種少量部品と高精度試作部品を中心とし、個性豊かにして社会的価値のある高品質商品を生産・販売することにより

以上の経営理念の基に人間尊重と強い集団を形成し社会の一員としての自覚をもって自主性のある経営を進める

会社概要

会社名 有限会社 ワイケー・プランニング
代表者名 北原 康弘
所在地 〒391-0211
長野県茅野市湖東中村6063-1
TEL:0266-77-5317
FAX:0266-77-5318
設立 1998年9月
資本金 3,000万円
従業員 20名
事業内容 1.自動車関連部品の製造・プレス加工・プレス加工品の研磨 他
2.研磨部品の製造
3.高精度試作品の製造
4.アルミ切削加工品の製造
主要取引先 (株)共伸、高雄工業(株)、(株)寺方工作所、東工(株)、野村ユニソン(株)、同和発條(株)、(株)成光製作所、(株)TRC、(株)ライト光機製作所、(株)双和電機製作所 ※敬称略、順不同

沿革

1998年9月 (有)ワイケー・プランニング設立
1999年 高雄工業(株)諏訪営業所設置
(長野中部地区での営業開始)
2000年 協力工場ネットワークの構築
(プレス・熱処理・切削・研磨 他)
2001年 多品種少量生産向けと短期試作品の製作ネットワーク構築
2006年 増産に伴い工場移転(建坪420坪)
高精度ワイヤーカット機導入
2008年 住友ロータリー研削盤SVR60導入
2009年 三進精機ロータリー平面研削盤SPG600導入
2010年8月 チップトン振動バレル研磨導入
2011年3月 三進精機ロータリー研削盤SPG600 2台目導入
2013年11月 三進精機ロータリー研削盤SPG600 3台目導入
2014年8月 高精度ワイヤーカット加工機 2台目導入
2016年8月 三進精機ロータリー研削盤SPG600 4台目導入
2017年1月 長谷川機械CNC旋盤 導入
2017年8月 高精度ワイヤーカット加工機 3台目導入
2017年12月 三次元測定器(ミツトヨ) APEX544導入
2018年7月 DMG森精機ワシノ NC複合加工機2台導入
ブラザー工業 コンパクトマシニングセンタ導入
2019年1月 資本金3000万円に増資

アクセス

風景写真
© Y.K.Planning Co.,ltd.